ロードバイク

自転車の盗難保険を徹底比較【契約するならほぼ一択でした】

自転車の盗難保険に入りたいけど、どこが一番いいのかなぁ?

こんなことを考えている方はいませんか?

今回は、自転車の盗難保険について徹底的に調べたので解説します。

自転車の盗難保険を徹底比較

まず最初に結論を言わせてください。

自転車盗難保険のおすすめは
すぽくる

理由をあげると

  • 保険料がほぼ最安
  • いつでも加入できる
  • 更新すれば契約は無制限
  • 盗難に加え、全損・半損にも対応

ということがあげられます。

ちなみに

  • 「すぽくる」
  • 「みんなのスポーツサイクル保険」
  • 「BICYCLE保険」

は代理店が違うだけ保険会社が同じなのでサービスも同じです。

それでは、解説を行っていきますね。

自転車盗難保険とは?

まず、自転車盗難保険とは自転車が盗まれた際に、自転車購入代金の一部を補償してくれる保険です

つまり、自転車が盗まれたらお金が返ってくる保険です。

自転車にかかわる事故やケガを補償する「自転車保険」とは別物です。

自転車盗難保険の種類

主に3種類に分けられます。

  • 保険会社の盗難保険
  • メーカーの盗難保険
  • ショップの盗難保険

保険会社の盗難保険

購入したメーカーやショップに関係なく加入できます。

  • すぽくる
  • ちゃりぽ
  • ずっと自転車盗難車両保険

保険会社の盗難保険は、メーカー盗難保険、ショップ盗難保険にくらべ、補償がしっかりしています。

今回はこの保険会社の盗難保険について解説と比較をしていきます。

メーカーの盗難保険

購入した自転車メーカーによる盗難保険です。

例をあげると以下のようなものです。

  • ブリヂストン「3年間盗難補償」
  • パナソニック「3年盗難補償制度」
  • ヤマハ「製品保証登録(兼盗難保険登録)」

内容として、購入から3年間有効で盗難にあった場合、本体価格の30%で同タイプの新車を購入できるといったものです。

メーカーが限られているので今回は解説から除外しています。

ショップの盗難保険

自転車を販売しているショップによる盗難保険です。

例をあげると以下のようなものです。

  • Y'sロード 盗難補償
  • サイクルベースあさひ サイクルメイト
  • AEON BIKE 自転車安心パック
  • カインズ 自転車盗難補償制度

これは店舗で購入した自転車限定となります。

盗難された場合、購入価格の数十%を保証してくれるものになります。

正直、コスパはよくないので素直に保険会社の盗難保険を使いましょう。

自転車盗難保険の比較表

すぽくる ちゃりぽ ずっと自転車盗難車両保険
年間保険料割合 3.3% 7% 2.9%〜5%
(プランによる)
年間保険料
(10万の自転車)
3,300 7,000 2,900
〜5,067
年間保険料
(20万の自転車)
6,600 14,000 5,745
〜10,065
年間保険料
(30万の自転車)
9,900 21,000 8,590
〜12,352
年間保険料
(40万の自転車)
13,200 28,000 11,434
〜20,058
年間保険料
(50万の自転車)
16,500 35,000 14,279
〜25,056
最大契約年数 1年毎更新
無制限
2年で終了 1年毎更新or2年毎更新
(注意点あり)
加入時期 特に定め無し 購入後1ヶ月以内 購入から90日以内
盗難時の補償 100% 70% 100%
加入できる
自転車の価格
10万円以上 5千円~50万円 1万円以上
パーツやアクセサリー類の盗難補償 補償対象
着脱可能なサイクルコンピューターは不明
補償対象(自転車購入日から納車日までに買ったもの)
着脱可能なサイクルコンピューターは除く
補償対象(購入90日以内)
着脱可能なサイクルコンピューターは不明
保険料支払方法 クレジットのみ クレジット、銀行、コンビニ クレジット、銀行、コンビニ
その他 全損100%
半損50%
補償付き
全損や半損に対する補償なし 全損、半損補償付きプランあり(プラス料金)
全損時に全損諸費用保険金をもらえる
保険会社 SBI日本少額短期保険株式会社 ジャパン少額短期保険株式会社 ZuttoRide少額短期保険株式会社

※「すぽくる」、「みんなのスポーツサイクル保険」、「BICYCLE保険」は代理店が違うだけで同じ保険会社であり、サービスも同じです。

すぽくる

いいところ

  • 保険料がほぼ最安
  • いつでも加入できる
  • 更新すれば契約は無制限
  • 盗難に加え、全損・半損にも対応

「みんなのスポーツサイクル保険」、「BICYCLE保険」も同じ内容です。

欠点が特に見当たらないのが強みですね。

あえて言うなら

  • 加入できる自転車の価格が10万円以上と少し高い
  • 支払いがクレジットのみ

これくらいです。

すぽくるの評価

他の2つに比べて、かなり優秀です。

個人的には「すぽくる」一択です。

公式サイト

ちゃりぽ

いいところ

  • 加入できる自転車の価格が5,000円〜と低い

以上です。

いまいちなところは、あげればキリがありません笑。

ちゃりぽの評価

3つの中で、ずばぬけて最下位。

他の2つを考えるほうがが無難です。

公式サイト

ずっと自転車盗難車両保険

いいところ

  • 盗難保険単体なら最安
  • 加入できる自転車の価格が1万円〜と低い
  • 全損時に全損諸費用保険金をもらえる(ただし全損を含んだプランのとき)
  • プランによっては20%の分損でも支払いあり

全損諸費用保険金とは「自転車が盗難全損・全損となった場合に、廃車や買い替え時の諸費用を補償するもの」

つまり、自転車本体の買い替えにかかるちょっとした諸費用を援助しますよということ。

このページにいくらもらえるか書いてあります。

いまいちなところ

  • 全損、分損もつけるとそこそこ高くなる
  • パーツ・アクセサリーも購入90日以内
  • 契約更新ができるが、1年につき10%協定保険価額が下がる

プランが何個かあり、充実させていくと結構高くなります。

パーツ・アクセサリーも購入90日以内というのは厳しいですね。

2台目のロードバイク買う時などは、すでに揃っていることが多いと思います。

契約更新をすると1年につき10%協定保険価額が下がる

「どういうこっちゃ?」と思うかもしれませんが例として

契約年 1年後
10万円のロードバイクで1年加入
協定保険価額:10万円
年間保険料2,900円
盗難されたら10万円返ってくる
1年経過したので更新
協定保険価額:10%減少の9万円
年間保険料2,565
盗難されたら9万円返ってくる

つまり、年々10%自転車の価値が下がっていく感じです。

その分保険料も安くなるんですけどね。

最終的に評価額が1万円を切ると更新できなくなります。

ずっと自転車盗難車両保険の評価

悪くはないが、細かく規定が決まっていたり、プランが別れていたりと

全体的にややこしい印象です。

あまり理解できなければ、「すぽくる」にしたほうが無難だと思います。

公式サイト

自転車盗難保険ランキング

1位 すぽくる
2位 ずっと自転車盗難車両保険
3位 ちゃりぽ 

最終的にこんな感じです。

まとめ

以上、自転車盗難保険についてまとめさせていただきました。

こうやって比較してみると良し悪しがはっきりします。

自転車を盗難されてしまった時の補償も大事ですが

そもそも盗られないのが一番ですよね。

自転車の盗難防止グッズとして、かなり優秀なAlterLock(オルターロック)なら、盗難のリスクそのものを減らすことができます。

以下の記事で紹介しているので、是非チェックしてみてください。

【限定クーポンあり】AlterLockまるわかりレビュー&解説自転車の防犯でお悩みではないですか?AlterLock(オルターロック)は自転車の防犯に超おすすめな便利グッズです。この記事ではオルターロックの解説やメリット・デメリットなどをレビューしています。これを使えば安心して観光、ご飯にいけますよ。...

ブログランキングに参加中! よければ応援クリックお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

HOMEに戻る

ABOUT ME
ナオッキィ
ナオッキィ
28歳で医師としての仕事を一旦休憩し、自転車旅へ繰り出しました(現在復職)。その中で感じたことや伝えておきたい情報を記事にしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事
自転車盗難保険に入る…