e-bike

【BESV PSF1 購入レビュー】いいとこも悪いところも正直に言います

ナオッキィ
ナオッキィ
どうも、ナオッキィです!

今回はBESV(ベスビー)から発表されている折りたたみe-bikeのPSF1について紹介&購入レビューしていきたいと思います。

BESV PSF1

BESV PSF1の特徴といえば、なんといってもこの電動アシスト自転車に見えないオシャレな見た目です。

しかし、こんな不安もあるのではないでしょうか?

オシャレさを意識しすぎて性能はイマイチなんじゃないの?

そんなことはありません。PSF1はオシャレかつしっかりと走れるe-bikeなんです。

そのことを証明するのに、まずBESVという会社について少し知っておく必要があります。

BESVってどんな会社?

BESVは台湾のE-BIKE専門メーカーです。

近年、オシャレかつ実用性のあるE-BIKEを発売しており、小径車タイプのE-BIKEがかなりヒットしています。

出典:BESV

実は、液晶で有名なBenQグループに属しており、親会社はダーフォン・イノベーションというパソコンのキーボードやバッテリーを製造している会社です。

つまり、IT企業出身のメーカーなのです。

IT企業が自転車メーカーへ

ダーフォンの社長がこれからはE-BIKEがくる!ということで目をつけ参入。

バッテリーやドライブユニットに関してはもともと専門なのでお手の物、しかし自転車の設計はどうしているのでしょうか。

なんと同じ台湾ということで、GIANTなどから技術者を招いて開発しているそうです。

あのGIANTなら安心ですね。決して見た目だけではなく、性能もこだわったE-BIKEを開発されています。

折りたたみe-bikeを選ぶナオッキィの基準

BESVについて学べたところで、次にわたしの考える折りたたみe-bikeを選ぶ基準についてお話します。

上に書いてあるように

  • コンパクトになる
  • 重すぎない
  • ロングライドもできる
  • 折りたたみが簡単
  • 価格は20万くらいまでなら

この5つですね。

やはり職場に置くのでできるだけコンパクトになるほうが嬉しい。

重さに関しては職場に到着してから、持ち上げて10mほど運ぶ必要があるので軽いにこしたことはない。

60kmくらいのロングライドをこなせる性能とバッテリーをもっていれば使い勝手がよさそう。

職場に置くときは毎回折りたたむので簡単に折りたためるのは重要。

そして、価格は安いにこしたことはない、できれば20万以内で…。

この基準をある程度みたしていたのがPSF1でした。価格だけはオーバーしてます笑。

PSF1を選んだ経緯や購入したときの様子も記事にしているので読んでみてください。

【PSF1購入】コンパクトな折りたたみ電動自転車が欲しい性能がよくて、コンパクトな折りたたみ電動自転車がほしいと思っているあなた。この記事ではわたしがそんな折りたたみ電動自転車を探した末にBESVのPSF1を購入した経緯について解説しています。...

PSF1の基本スペック

基本スペックは上のようになっています。

価格

269,500円(税込)

結構高いです。

でも80kmくらいのロングライドができる折りたたみe-bikeっていまのところ、PSF1かVektron S10(Tern)しかないんですよね。

Vektron S10は352,000円 (税込)なので、それよりはマシかと。

ナオッキィ
ナオッキィ
20万以内じゃないのはユルシテ・・・

折りたたんだ時のサイズ

縦×横×幅:84×77×34

これかなりコンパクトになります!

比較を見てほしいのですが・・・

横幅が全然違うの分かるでしょうか。

Vektron S10が横幅41cm(公式)、デイトナは横幅39cm(公式、もっと幅ありそうですが)なので、PSF1の横幅34cmの圧勝です。

とにかく折りたたんだときにコンパクトなe-bikeが欲しいならPSF1はオススメです。

ぼくは職場に持っていきたかったのでコンパクトさはかなり重要でした。

折りたたみが簡単

折りたたみPSF1

折りたたみ方も個人的には簡単だなと思いました。

下の動画で店員さんに教えてもらっているので参考に。

重量

18.3kg

やはりe-bikeなので折りたたみとはいえ結構重いです。

とはいってもまだマシなほうです。安いものだと22kg以上するものがほとんどですから。

変速

シマノ Altus(アルタス)の7段変速です。

可もなく負荷もなく、必要十分といった感じですね。

サスペンションがいい

このPSF1なんとサスペンションがついています。

ナオッキィ
ナオッキィ
これがまたイイ!

ロングライドでのお尻の負担を軽減してくれますし、地味にうれしいところです。

ロングライドもできる

PSF1はバッテリー容量の大きさが特徴です。

公式では、55km〜95kmまでアシスト可能となっています。

折りたたみe-bikeでここまでアシスト距離が長いものはなかなかありません。

わたしはゆったりロングライド大好きマンなので、ここはかなりポイント高かったです。

USB Type-C給電できる

ディスプレイの横にUSB Type-Cの端子があるので、ここからスマホの充電などが可能です。

これ地味にウレシイところ。

PSF1ここがイマイチ

  • ライトがついてない
  • 普通に重い
  • 値段が高い
  • 長期使用の信頼性

ライトがついてない

e-bikeはバッテリー直電のライトがついていること多いのですが、PSF1は付属していません。

オプションとしてうえのようなディスプレイ横のUSB Type-C給電式のライトも販売していますが、7,150円(税込)とボッ◯クリ価格なので自分でライトを買いましょう。

ライトがmicro USB給電タイプでもUSB Type-C→micro USB変換アダプタを使えば給電可能です。

↑こういうやつとか

↑こういうのでもいいですね。

わたしはガシロンライトを愛用しています。

コスパよくてオススメです。

micro USB給電なので、うえのリンクにある変換アダプタやType-C→micro USBケーブルがあると便利です。

わざわざ部屋で充電する必要がありません。

普通に重い

先ほどいいましたが、重量18.3kgは普通に重いです。

普通の折りたたみ自転車のように、気軽な輪行とはいきません。

e-bikeはどうしても重くなってしまうので仕方ないですけどね。

軽くて手軽な折りたたみe-bikeを探しているのであれば、TRANS MOBILLY NEXTがオススメです。なんと11kg台の折りたたみe-bikeです!

下の記事に詳細書いているのでみてみてください。

安いけど安心なオススメの折りたたみ電動アシスト自転車2つを比較【e-bike】通勤通学に使える安い折りたたみ電動アシスト付き自転車(e-bike)を欲しいと思っているあなた。この記事では10万以下で買えるオススメの折りたたみe-bikeについて解説しています。安心の日本企業なので、サポートもバッチリです。...

値段が高い

269,500円(税込)

やっぱり高いですね。

他の折りたたみe-bikeは性能こそ劣るけど、13〜18万くらいにおさまっています。

ナオッキィ
ナオッキィ
でもアシスト距離長いのは高いやつしかないんや…

長期使用の信頼性

ternやDAHONなどの折りたたみ自転車を長くつくってきた会社に比べ、BESVはまだまだ新米です。

なので、長期使用した場合の自転車強度の信頼性はやや落ちるかなと思います。

サポートがしっかりしていれば問題ないんですけどね。

ここは実際長く使ってみるしかありません。

実際に使用した感想

PSF1を実際に使用してみた感想については動画内で語っているので、ぜひ参考にしてみてください。

わたしは満足しています

以上、BESVの折りたたみe-bike PSF1の紹介でした。

個人的には非常に満足しているので、この相棒といろんな旅にでかけたいと思います。

ブログランキングに参加中! よければ応援クリックお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

HOMEに戻る

ABOUT ME
ナオッキィ
ナオッキィ
28歳で医師としての仕事を一旦休憩し、自転車旅へ繰り出しました(現在復職)。その中で感じたことや伝えておきたい情報を記事にしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事
今回はロードバイクで…